兼業主婦の1日のスケジュールとは?仕事がある日・ない日で紹介!

主婦

兼業主婦の1日のスケジュールとは?仕事がある日・ない日で紹介!

毎日忙しい兼業主婦の皆さんが、普段どんな生活を送っているのか気になる人も多いのではないですか?

今日はそんな気になる兼業主婦のお仕事がある日・ない日の、1日のスケジュールを紹介していきたいと思います。

仕事がある日の1日のスケジュール

朝起きてから仕事へ行くまで

お仕事のある日の兼業主婦は朝が早いことが多いです。旦那さんより早く起きてまずはお弁当作り、それからお朝ごはんの支度に取り掛かります。

食事の準備ができたら旦那さんを起こして、朝ごはんを食べてもらったらお弁当を持たせて「行ってらっしゃい!」と見送ると、やっと自分の準備に取り掛かれることでしょう。

とにかく時間のない出勤前ですから、できるだけ前日に準備をしておきたいものです。

スーツだったり制服のある仕事ならそこまで服装に気を遣わなくてもよいでしょう。私服での勤務だと朝バタバタしないように前日に用意をしておきましょう。

私の場合は私服を制服化して、何パターンか決めているので朝の洋服選びもスムーズですよ。

また、私は仕事に行く前に毎日10分だけ掃除の時間を作っています。

平日はじっくり掃除をする時間も無いので、毎朝仕事に行く前に掃除機を使わずクイックルワイパーなどで軽く床掃除をしておきます。

毎日少しでも掃除をしておくことで週末の掃除も楽になります。なにより毎日ある程度綺麗な我が家をキープできるので気持ちも軽やかになります。

お仕事の時間です、しっかり働きましょう

仕事中は主婦であることを忘れて、しっかりと業務に取り掛かります。お昼ごはんはお弁当を持参する場合が多いですが、たまには外にランチに出ることも。

とはいえ、あまり外食にお金をかけたくないので、外でランチを取るのは月に2〜3回程度です。

食事はしっかり取らないと、午後の仕事にも力が出ませんし、なにより健康にもよくありませんので、お昼ごはんはしっかり食べるようにしています。

仕事が終わってから帰宅するまで

兼業主婦であるため、残業はほぼありません。16時頃には退勤する方も多いようです。

私の場合は17時までの勤務ですが、残業が無いため必ず定時で帰宅出来ます。

仕事が終わるとスーパーに行き食材の買い出しをしますが、だいたいは週末にまとめ買いをしているので、ここで買い足すのはお肉やお魚といった当日使い切るものだけです。

疲れているとついつい甘いものまで買ってしまいます。コンビニで買うより安いし、ストレスを溜めるよりは健康的だということで、たまには良しとしています。

帰宅してから就寝するまで

さあ、帰宅してからはまた大忙しの時間です。早速買ってきた材料を使って晩御飯の準備を始めましょう。

朝ごはんとお弁当で朝のご飯は使い切ってしまっているので、食事の準備をしながらごはんも炊きます。

私の場合、週末にまとめ買いをした食材をその日のうちに、1週間のメニューを作りそれに合わせてある程度下準備をしているので毎日の食事の準備はそこまで時間はかかりません。

食事の準備と並行してお風呂を沸かし、そうこうしているうちに旦那さんの帰宅の時間です。

我が家の旦那さんの場合は、帰宅をするとまず食事の前にお風呂に入ってしまうので、その間に食卓の準備を終えておきます。

基本的に毎晩二人揃っての食事になり、時間はだいたい19時過ぎごろ。

我が家は旦那さんの帰宅が早いのでこの時間に二人揃って食事ができますが、この時間よりも帰宅の遅い旦那さんも多いのではないでしょうか?

旦那さんの帰宅を待って一緒に食事をする方もいるでしょうが、子供がいるとなかなかそうはいきません。

子供と先に食事をすまし、帰宅の遅い旦那さんに合わせて食事を温め直しと、夕食の準備だけで何度もキッチンに立つ場合も多いと思います。

食事が終わると旦那さんは持ち帰りの仕事をしたり、趣味に時間を使ったりと自由に過ごします。

私はと言うと、夕食の後片付けをしたら洗濯機を回しながらお風呂タイム。やっとここで少しリラックスできる時間になります。

ゆっくりお風呂で疲れた体を癒やしたり、お風呂上がりには好きな香りのマッサージクリームを使ってマッサージをしたりと体のメンテナンス時間にあてます。

じっくり体を癒やしたあとは、洗濯物を干して、昨日の夜同じように干した洗濯物の片付けです。

本当はあまり夜に洗濯をしたくはないのですが、今のところこの時間にすませるのが時間的にも体力的にもベストなので、仕事のある平日はこの形を取っています。

寝る前に明日のための炊飯器をセットして、また明日着ていくための服を準備したら今日すべきことは完了です。

あとは少し趣味の時間にあてたあと、あまり夜更かしはせず日付が変わる前には就寝するように心がけています。

仕事がない日の1日のスケジュール

仕事のない週末は、いつもより少しゆっくり寝ることが出来ますから、ここで日頃の疲れを取るようにしています。

とはいえ、あまり寝すぎても体がだるくなり逆に疲れてしまいますから、遅くとも10時までには起床するようにはしましょう。

朝起きてからお昼まで

ゆっくり休んで日頃の疲れを取ったら、朝ごはんの準備をしながら洗濯機を回しておきます。

普段は夜寝る前に洗濯をしますが、休みの前日はその作業もお休みして、早めに就寝を心がけています。

休日は午前中に洗濯をして、普段簡単に済ませている掃除をしっかり行いましょう。

水回りや普段は時間がかかるために放置している場所を重点的に掃除します。

お天気が良ければカーテンを洗ったり、お布団を干すのも週末にまとめてやっておくと、平日は忙しくても気分良く過ごすことが出来るように思います。

お昼ご飯を食べたら午後の予定に入りましょう

普段朝が早いので、休日はお昼前までゆっくり寝ている旦那さんも、お昼ごはんの準備をしている頃には起き出してきます。

休日のお昼はあまり手の込んだものは作らず、パスタや丼ものなどの簡単で洗い物の少ないメニューを採用することが多いです。

普段はお弁当で冷えたご飯を食べているので、基本的に温かい食事ならなんでも喜んで食べてくれるのでありがたい我が家。

食事にこだわる方はお昼もしっかり作っているのでしょうか?見習いたいものです。

月に1度ぐらいは外でランチを食べることもありますが、基本的に休日のお昼は家でするようにしています。

食事を済ませたら買い出しです。1週間分の食材をまとめて買うので夕方ではなく、昼間の間に動き出したほうがあとが楽なので、なるべく早くから動き出すようにしています。

週に1度は夫婦の時間を作りたいので、この週末の買い出しは夫婦そろって出掛けることがほとんどです。

今週は何が食べたい?などと会話しながら食材を買いまわるようにすると、日々のメニュー選びにも困りませんし、食事の内容に不満を言われることもそうそうありません。

夫婦での買い出しはおすすめですよ。帰宅したら旦那さんは自分の時間に入り、私は買ってきた食材の下ごしらえ。

面倒ですがここで一気にしておくと平日の仕事から帰ったあとの食事の準備が随分と楽です。

これは土曜日に行うことが多く、日曜日は買い出しがないかわりに家でゆっくり家事をしたり、別の用事に時間を使うようにしています。

週末は早めの晩ご飯を

週末はなるべく早めに夕食を作るようにしています。

そうすることで夜の時間をゆっくり過ごすことができますし、早めに就寝できるとまた月曜日からの仕事も頑張れますよ。

我が家は子供がいない分、週末はゆっくり家事をこなし夫婦の時間をたっぷり作るように心がけています。

たまには一人でお出かけを

毎週末必ずどちらかは夫婦揃っての時間を作るように心がけてはいますが、たまには一人で出掛けることもあります。

ストレス解消にもなりますし、お互い一人の時間を持つことでプライベートを確保できるので、夫婦円満にも役立っているように思います。

まとめ

いかがでしたか?

今日は兼業主婦の1日のスケジュールを、ざっくりとですが紹介してみました。参考になれば幸いです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました